理学療法士になるためには莫大な学費が必要

人気の職種で働くために

治療

資格取得にかかるお金

近年、高齢化が加速している日本において理学療法士の需要が高まってきている。理学療法士は、国家資格でありその仕事内容は幅広い。スポーツ現場から、脳卒中を治療する病院、整形外科病院、老人保健施設など非常に様々な場所で活躍している。理学療法士は患者の失われた機能を取り戻す、回復させるリハビリの仕事が主であり、スポーツ復帰、職場復帰、家庭復帰などを目標とした患者を支えている。理学療法士になるには、国家資格を取得する必要があり、大学や専門学校に通い国家試験を受け、合格して晴れて理学療法士となれるのである。また、通う学校によって学費が異なる。学費の相場については、学校によって大きく異なる。4年制の私立大学であれば学費は550〜800万円ほどである。私立専門学校であれば4年制は500〜800万円ほど、3年制であれば350〜500万円ほどとなっている。もちろん、公立の大学であれば250万円ほどと大きく学費は下がる。3年制のメリットは、通う年数が少ない分勉強は大変になるが費用が安い点であり、4年制のメリットは費用は上がるが、ゆっくりと勉強ができる点である。また、理学療法士は需要の高まりと同時に人気も高まってきている。その理由として、国家資格であり、一度資格を取ってしまえばずっと資格を保有できるという点が挙げられる。今は景気が不安定な時代であり、同時に高齢者が増加している時代である。一方で理学療法士の働き口は非常に多く、解雇されにくいという点から人気となっている。