理学療法士になるためには莫大な学費が必要

基本的に返済が必要です

勉強道具

条件次第で免除されます

怪我や病気等に伴って身体に不自由が発生した場合、リハビリテーションを支援する専門家が理学療法士です。一方で、高齢者人口の増加している現在、老化の影響で身体機能の低下を感じている高齢者が増加しています。理学療法士はこうした高齢者に対しても様々なサポートできるため、社会的な需要が高くなっています。そのため、就職に有利な資格として取得希望者は多い半面、大学や専門学校等で学ぶためには相応の学費が必要です。ただし、高齢者は、将来的に一層増えることが見込まれています。したがって、各教育機は奨学金制度を充実させて、学費援助を積極的に行っています。理学療法士の資格取得を目指せる教育機関が提供している奨学金制度は、二通りに分けられます。外部組織である独立行政法人の日本学生支援機構が実施している奨学金制度で、学費を含む様々な用途に利用できる支援です。一方、通学する教育機関が学費サポートを目的に、独自の奨学金制度を設けている場合があります。日本学生支援機構の奨学金は、無利子と有利子に二分されます。申請条件を持たして審査に通過すると給付されますが、機hン的に返済が義務付けられています。ただし、理学療法士の資格を取得して指定期間で一定期間従事すると、返済を免除される場合があります。所属機関の奨学金は学費援助の傾向が強く、授業料の減免措置や提携した金融機関からのローンになることが一般的です。ローンは、通常より割安な利率に設定されている点が特徴です。