理学療法士になるためには莫大な学費が必要

費用を把握しよう

治療

専門知識が身に付きます

理学療法士は病気・事故・高齢などにより身体機能に障害が生じた方に対し、運動療法や物理療法などを用いて身体機能の回復を援助する仕事です。理学療法士になりたい方は学校で学ぶ必要があります。そのときの学費をできるだけ安く抑える方法が3つ挙げられます。1つ目は国立大学・公立大学に入学することです。これらの大学は入学金や授業料などの学費が安いため、倍率が高く人気です。そのため入学するためには相当な努力が必要ですが入学することができた場合、4年間しっかり知識・技術を身に着けることができます。2つ目は3年制の専門学校に入学することです。4年制の大学生より1年早く卒業することができるため、その分の学費や生活費を抑えることができます。また専門学校も種類が多く、入学金・学費・実習費・教科書代なども様々です。そのため入学金や学費だけに目を向けるのではなく、その他の諸経費なども事前に確認してから志望校を決めることが大切です。専門学校は勉強できる時間が短いため、短期で集中して資格合格を目指したい方にもおすすめです。3つ目は夜間の学校に入学することです。夜間の学校に通う方は日中働いている場合が多く、学費を稼ぎながら理学療法士になるための勉強をすることができます。そのためあまりお金が手元にない方でも、自分の頑張り次第で理学療法士になることができます。また幅広い年代の仲間と関わることができるため、勉強以外にも多くのことを学べます。